医事管理士、調剤事務管理士、医療事務管理士

前回は、医療事務の資格試験について、取り上げました。

今回もまた、医療系事務職の資格試験について、取り上げたいと思います。

医事管理士、これは、診療や補助に関する情報処理をして料金化する医事職員の資格です。

診療行為の点数化・受付会計業務の担当・カルテの管理を主に行います。

資格の取得方法は、協会の指定する教育機関での必要科目の修了、資格試験合格、協会が指定する教育機関(大学、短大、専門学校)の卒業が条件になります。


調剤事務管理士、調剤事務管理士は、薬剤師が調剤に専念する為に、処方箋受付や会計を担当する事務スタッフです。

実技試験と、学科試験を受験する必要があります。受験資格は特にありません。

医療事務管理士は、医療機関での患者の受付け業務、治療費の計算などの会計業務や、カルテ管理などさまざまな業務があります。
専門的な書類の作成技術や計算能力や、医学や薬学の知識も求められます。医科と歯科の2種類に分かれています。

技試験と、学科試験を受験する必要があります。受験資格は特にありません。

こうやって見ていくと医療事務関連の資格にも、様々な試験があることが解ります。

医療資格により、試験内容も異なってきますので、適した勉強を効率的に行う事が、医療資格試験の合格への近道だといえます。