医療事務系

医療関係の資格試験で、最近よく耳にする、医療事務という資格にスポットを当ててみたいと思います。

医療事務は、病院などの保険医療機関の事務を担当するお仕事です。

医療事務は、年齢に関係なく長く働く事が出来る。実務経験があれば、再就職に有利!といった理由により、最近人気の資格なのです。

でも、医療事務自体は、資格が無いから、仕事が出来ない訳ではないのです。

では何故、みんなが試験を受けてまで資格を取ろうとするかというと、実際、資格を持った人が多く働いているし、病院側も資格を持った人を採用したいと思うからです。

医療事務の資格試験には、『認定試験』と『検定試験』が存在します。

『認定試験』とは、厚生労働省が唯一認定した財団法人日本医療保険事務協会が主催する資格試験です。

財団法人日本医療保険事務協会が主催する、認定試験は「診療報酬請求事務能力認定試験」と呼ばれ、年間2回開催されています。
非常に難易度の高い資格試験で、合格率は3割程度です。本格的な勉強が必要で、医療事務として実務を積まれた方々も受験されるようです。


一方、『検定試験』は、各団体(民間含む)が主催している医療事務試験の事です。出題の範囲も各団体により様々で、2〜3ヶ月の簡単な勉強でも取得できるところもあるようです。