事務系まとめ 看護師

医療系事務の資格試験に様々な資格がある事は、前回までの記事にてお解かりになられたと思います。

一口に医療事務といっても、仕事の内容に若干違いがあるようです。

各団体の医療事務資格の試験に合格し、晴れて医療事務系の就職が出来た時、やはり挑戦したい資格は、『診療報酬請求事務能力認定試験』(厚生労働省認定)でしょうか。

試験の難易度は高く、本格的な勉強が必要となりますが、それゆえに医療事務系の資格試験としては、評価の高い資格だと思います。

頑張って勉強してください。


さて、事務系の資格ばかりでしたので、今回は技術系の、医療資格の試験にも、スポットを当ててみたいと思います。

医療資格を持った人で、私たちの一番身近な存在の、看護師(看護士・看護婦)に迫ります。

試験内容は、人体の構造と機能、基礎看護学、社会保障制度と生活者の健康など、多岐にわたります。

ご存知の通り、医療系国家資格で、厚生労働省の管轄になります。

受験資格は、文部科学大臣の指定した学校(指定学校)において、3年以上看護師になるのに必要な学科を修めた者など、となっております。

他の看護師関連の 医療系資格として、保健師、助産師等があります。


医事管理士、調剤事務管理士、医療事務管理士

前回は、医療事務の資格試験について、取り上げました。

今回もまた、医療系事務職の資格試験について、取り上げたいと思います。

医事管理士、これは、診療や補助に関する情報処理をして料金化する医事職員の資格です。

診療行為の点数化・受付会計業務の担当・カルテの管理を主に行います。

資格の取得方法は、協会の指定する教育機関での必要科目の修了、資格試験合格、協会が指定する教育機関(大学、短大、専門学校)の卒業が条件になります。


調剤事務管理士、調剤事務管理士は、薬剤師が調剤に専念する為に、処方箋受付や会計を担当する事務スタッフです。

実技試験と、学科試験を受験する必要があります。受験資格は特にありません。

医療事務管理士は、医療機関での患者の受付け業務、治療費の計算などの会計業務や、カルテ管理などさまざまな業務があります。
専門的な書類の作成技術や計算能力や、医学や薬学の知識も求められます。医科と歯科の2種類に分かれています。

技試験と、学科試験を受験する必要があります。受験資格は特にありません。

こうやって見ていくと医療事務関連の資格にも、様々な試験があることが解ります。

医療資格により、試験内容も異なってきますので、適した勉強を効率的に行う事が、医療資格試験の合格への近道だといえます。

医療事務系

医療関係の資格試験で、最近よく耳にする、医療事務という資格にスポットを当ててみたいと思います。

医療事務は、病院などの保険医療機関の事務を担当するお仕事です。

医療事務は、年齢に関係なく長く働く事が出来る。実務経験があれば、再就職に有利!といった理由により、最近人気の資格なのです。

でも、医療事務自体は、資格が無いから、仕事が出来ない訳ではないのです。

では何故、みんなが試験を受けてまで資格を取ろうとするかというと、実際、資格を持った人が多く働いているし、病院側も資格を持った人を採用したいと思うからです。

医療事務の資格試験には、『認定試験』と『検定試験』が存在します。

『認定試験』とは、厚生労働省が唯一認定した財団法人日本医療保険事務協会が主催する資格試験です。

財団法人日本医療保険事務協会が主催する、認定試験は「診療報酬請求事務能力認定試験」と呼ばれ、年間2回開催されています。
非常に難易度の高い資格試験で、合格率は3割程度です。本格的な勉強が必要で、医療事務として実務を積まれた方々も受験されるようです。


一方、『検定試験』は、各団体(民間含む)が主催している医療事務試験の事です。出題の範囲も各団体により様々で、2〜3ヶ月の簡単な勉強でも取得できるところもあるようです。

薬剤師系資格

医療系の資格で、最近人気のある、資格試験のなかに、薬剤師があります。

最近、資格試験の要綱が変更になり、薬剤師の資格を取得するためには、大学の薬学部(6年制)を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。

医療関係の資格試験の中でも、非常に重要な役割をになう職業であることが伺えます。

厚生労働省の管轄の国家資格であり、薬学部の卒業が受験資格となります。


調剤報酬請求事務専門士、なんだか難しい名前の資格です。
簡単に言うと、薬剤師のバックアップを行う事が主な目的として作られた資格です。

最近人気が上昇してきた資格試験で、受験資格等の制限はありません。

年間2回の試験があり、1級は会場にて受験しないといけないが、2級は会場、自宅選択可能、3級は自宅試験となる。

調剤薬局等での受付、処方せん入力、会計、レセプト処理、チェック等から、医療機関での事務など、が仕事となります。

医療系資格

資格試験のなかでも、医療系の資格は、数多く存在します。
医療系の資格は、人間の人体に直接関係するものなので、非常に大事な物と考えられます。

中には、人の生死に直接かかわる、職業も多くあります。
医療関係に就職するには、国家資格が必要な職種が非常に多いのは、そういった理由からだと思われます。

医療系の資格をざっと上げていきますと、みんなが知っている、医師 歯科医師 薬剤師 保健師 助産師 看護師 医療事務・・・といったものから、

あまり表に出ない、診療放射線技師 臨床検査技師 理学療法士 作業療法士  視能訓練士 言語聴覚士・・・といったものがあります。

これは、一部だけですが、ざっと見ただけでも、こんなにも多くの医療関係の資格試験が存在します。

それぞれの資格を持った人たちが、私たちが病気になった時、支えてくれているのですね。

このサイトでは、こういった医療関係の資格試験にチャレンジしてみようかな?

といった、人たちのためにお役に立てれば幸いです。

どうか、『資格試験、医療係にはどんなものが?』をよろしくお願いいたします。